コラム
中高年にとってmTORとBFRトレーニング

筋肥大はストレスへの応答反応ということはご存じですよね ストレスには 機械的ストレスと化学的ストレスがあります。 BFR(血流制限)トレーニングは化学的ストレスに入ります。 S6キナーゼという酵素がタンパク質合成を担って […]

続きを読む
コラム
トレーニングの基本分割法って何?

トレーニングの分割法 【分割数と分割法の例】 2分割 上半身/下半身 3分割 胸・上腕三頭筋&肩/背中・上腕三頭筋/脚・腹 (腹は適宜でもOK) 5分割 背中/胸/脚/腕/肩 トレーニングの頻度によって変えればいいのです […]

続きを読む
コラム
筋肥大に必要なもの

筋肥大に必要なものって ホルモンが直接筋肥大につながると思われがちですが、筋肥大に必要なものは、直接的にはホルモンではありません。 必要なものは、体内のシグナル伝達を担うmTORと、筋肉の成長を妨げるミオスタチンのコント […]

続きを読む
コラム
加圧 BFRトレーニングはアンチエイジング効果大

アンチエイジングには成長ホルモンの分泌がキーとなります BFRトレーニングを行うと、トレーニング後、成長ホルモンの分泌が多くなる。 成長ホルモンは血行を促進し、ダイエット、アンチエイジング、肩こり、冷え性、お肌に効果があ […]

続きを読む
コラム
加圧 BFRトレーニングのリスクも知っておこう

BFRトレーニングは、専用のベルトで血流を制限しながらトレーニングしますが、きつく締めたり、長時間血流を制限すると、思わぬ事故にあうことがあります。 可能性のある事故 めまい・貧血 点状出血 虚血再灌流障害 血栓による障 […]

続きを読む
コラム
加圧 BFRトレーニングの効果

BFR(Blood Flow Restriction:血流制限)トレーニングは、非常に軽い重量で効果を出すことができます。 通常は1RM(レペティション・マキシマム:ギリギリ1回できる重さ)の60%以上の重さでないと効果 […]

続きを読む
コラム
話題の加圧 BFRトレーニングで時短トレーニングの習慣化

BFR(Blood Flow Restriction:血流制限)トレーニングは、定められた部位(腕の付け根、脚の付け根)をベルトで血流制限を行うことで、一般的なトレーニングよりも非常に軽い重量で同等以上の運動効果を得るこ […]

続きを読む
コラム
追い込むためのトレーニングテクニック

【スティッキング・ポイントを超える】 用語からまずは解説しますね  知っておくとよいキーワードは、 ストリクト チーティング スティッキング・ポイント ポジティブフェイラー ネガティブオンリー まずは「チーティング」は、 […]

続きを読む
コラム
筋肉の3つの筋力発揮形態

筋肉には3つの筋力発揮形態があります それは ■コンセントリック ■エキセントリック ■アイソメトリック です コンセントリックは 筋肉が縮みながら力を発揮する形態 動きをポジティブと呼びます エキセントリックは 筋肉が […]

続きを読む
コラム
筋肉の形状によるトレーニング内容

筋肉の形状による分類 筋肉の形状 紡錘状筋 羽状筋 半羽状筋 多頭 多腹筋 鋸筋 があります ◆紡錘状筋 紡錘状筋は筋肉が長軸方向に対して並行に直線的に並んでいます 上腕二頭筋が代表的です ◆羽状筋 羽状筋は筋肉が長軸方 […]

続きを読む